Derivazioni: Space for communication by TANAKA Sigeto
[About] [Author] [Archive] [Mobile] [RSS]

« «  | |  » »

5月11日(土)連続勉強会:「国難」のなかのわたしたちのからだ 第3回「優生保護法の負の遺産」(東京麻布台セミナーハウス)

「不良な子孫の出生を防止する」ことを目的とした優生保護法。合意のない強制的な不妊手術や中絶が、やっと可視化されてきました。

一方、優生保護法には母性の生命健康の保護というもう一つの目的がありました。堕胎罪がありながら中絶が条件付きで合法化され、その適用条件が拡大された背景にどんな社会状況や議論があったのかを探ります。

少子化時代の人口政策と優生思想について、過去と現在をつなぐ勉強会、ぜひご参加ください。

日時: 2019年5月11日(土)11:00-13:30
会場: 東京麻布台セミナーハウス (大阪経済法科大学) 2階大研修室
参加費: 500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
申込み: 準備の都合上、なるべくお申込みをお願いします。当日参加も可。

プログラム
- 報告1.柘植あづみ:引揚者の「不法妊娠」中絶問題と優生保護法の成立前夜
- 報告2.大橋由香子:優生的な不妊化措置と、堕胎罪―中絶許可が意味するもの
- フロア討議

主催: 高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会
共催: リプロダクティブ・ライツと健康法研究会

勉強会案内URL: https://remcat.hatenadiary.jp/entry/20190413/seminar3

Related articles


「質問紙調査の基礎」(金4) 5/10はコンピュータ実習室でおこないます

現代日本学演習I「質問紙調査の基礎」(金4) 5/10の授業は

コンピュータ実習室 (7F)

でおこないます。

Related articles


「現代日本における社会問題の分析」(木2) 4/25 の課題

現代日本学社会分析研究演習I/現代日本学演習III「現代日本における社会問題の分析」
第2回授業 (4/25) では、各自の興味に合った論文 (1本) についての報告と議論をおこないます。

論文は自分で選定し、以下の内容をまとめた資料を人数分 (5名?) 準備すること

・自分の関心について
・なぜその論文に興味をもったか
・論文の「問い」はなにか、それにどのような「答え」を出しているか、その根拠は何か
・疑問や批判など
・内容を発展させる方向性

授業では、5分以内で内容を説明し、そのあと議論とします。

Related articles


「質問紙調査の基礎」(金4) 4/26休講 (調査課題について面談)

現代日本学演習I「質問紙調査の基礎」(金4) 4/26授業は休講です。そのかわり、各自の調査課題について面談をおこないます。
日時は4/19授業時に決定しますが、欠席した人は田中まで連絡してください。

面談にあたっては、自分が興味のある分野について、

・どのようなことを調査したいか

またそのために

・誰を対象に
・どのような質問項目が必要か

考えて来てください。

Related articles


現代日本学演習I 「質問紙調査の基礎」(金4) 2019年度前期

東北大学 文学部/文学研究科 2019年度 (前期) 3年生対象 (時間割コード=LB55402)
<金4>605演習室 (文学部棟 6F)

授業公式 URI: http://tsigeto.info/2019/quesu/
このブログの該当カテゴリ: School/quesu | RSS
[時間割表]

◆授業科目: 現代日本学演習I
◆講義題目: 質問紙調査の基礎
◆担当教員: 田中重人 (東北大学文学部准教授)

◆到達目標: (1) 質問紙調査の長所と短所を把握する; (2) 質問紙調査の実際のプロセスについて、体験を通して習得する
◆目的・概要:質問紙を使った調査の方法についての講義と実習をおこないます。講義では、質問紙調査の基本的な概念と方法、仮説設定からレポート作成までの一連のプロセスについて解説します。実習では、受講者が各自の選んだ研究テーマに沿って文献収集をおこない、テーマへの理論的アプローチを検討し、質問紙を作成し、調査を実施し、その結果をレポートとして提出します。
◇教科書・参考書:【教科書】轟亮・杉野勇 (編)(2017)『入門・社会調査法 [第3版]』法律文化社.
◇成績評価方法:授業中の課題と宿題 (40%)、学期末に提出する質問紙 (30%)、調査結果に基づく口頭発表とレポート (30%) を合計して評価する。
◇ その他: 受講者は、 現代日本論演習II「統計分析の基礎」(火3) をあわせて受講することが望ましい。

※ 教科書は第3版 (2017) を指定していますが、第1版 (2010) あるいは第2版 (2013) でもかまいません。


Related articles




Recent

Articles

Comments

Trackbacks


Archive

Monthly

Categories [Explanation]

| News:0 || Research:71 || Education:3 || School:267 || School/readu:3 || School/writing:17 || School/family:18 || School/occ:16 || School/quesu:6 || School/statu:4 || School/readg:18 || School/quesg:13 || School/statg:25 || School/kiso:5 || School/study:24 || School/intv:12 || School/book:0 || Profile:2 || WWW:7 || WWW/this:4 |