Derivazioni: Space for communication by TANAKA Sigeto
[About] [Author] [Archive] [Mobile] [RSS]

« «  | |  » »

現代日本論演習/比較現代日本論研究演習III「実践的統計分析」(木2) 2017年度 後期

東北大学文学部/文学研究科 2017年度 (後期) 3年生・大学院生対象 (時間割コード=LB64205,LM24208)
<木2>コンピュータ実習室 (文学部棟 7F)

授業公式 URI: http://tsigeto.info/2017/statg/2.html
このブログの該当カテゴリ: School/statg | RSS
[時間割表]

◆授業科目: 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習III
◆講義題目: 実践的統計分析
◆担当教員: 田中重人 (東北大学文学部准教授)

◆到達目標: さまざまな統計分析手法を理解し、使いこなせるようになる
◆授業内容・目的・方法:研究の現場で必要となる統計分析手法は、分析の目的とデータの特徴によってさまざまです。この授業の前半では、推測統計学の基本的な概念について解説し、統計的推定および検定の方法について学びます。後半では、さまざまな分析手法をとりあげて、それらの特徴と使い方を習得していきます。どのような分析手法をとりあげるかについては、受講者の関心と必要性を考慮します。統計解析パッケージを使ってデータ分析の実習をおこないます。
◇教科書:吉田寿夫 (1998)『本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本』北大路書房.
◇成績評価方法:授業中の課題と宿題 (50%)、中間試験 (20%)、期末レポート (30%) を合計して評価する。
◇その他: 5セメスタ/1学期開講の現代日本論演習/比較現代日本論研究演習I「統計分析の基礎」 を履修済みか、それと同等の知識を習得済みの者を対象とする。

学都仙台単位互換ネットワーク 登録授業

Related articles


現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II「調査的面接の基礎」(水2) 2017年度 後期

東北大学文学部/文学研究科 2017年度 (後期) 3年生・大学院生対象 (時間割コード=LB63207,LM23207)
<水2>観察室 (文・法合同研究棟 2F)

授業公式 URI: http://tsigeto.info/2017/intv/
このブログの該当カテゴリ: School/intv | RSS
[時間割表]

◆授業科目: 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II
◆講義題目: 調査的面接の基礎
◆担当教員: 田中重人 (東北大学文学部准教授)

◆到達目標:(1) 面接調査の長所と短所を把握する; (2) 面接調査の実際のプロセスについて、体験を通して習得する
◆授業内容・目的・方法:面接法による質的調査の方法についての講義と実習をおこないます。講義では、面接調査の基本的な方法とプロセスについて解説します。実習では、受講者が各自の選んだ研究テーマに沿って文献収集をおこない、面接調査を実施し、その結果をレポートとして提出します。
教科書・参考書:【教科書】松浦均・西口利文 (2008)『観察法・調査的面接法の進め方』ナカニシヤ出版.
◇成績評価の方法:授業中の課題 (50%)、調査結果に基づく口頭発表とレポート (50%) を合計して評価する。
◇その他:5セメスタ/1学期開講の現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II「質問紙調査の基礎」 も履修することが望ましい。

東北大学グローバルリーダー (TGL) 育成プログラム 指定科目

Related articles


現代日本論概論「現代日本における職業」(火2) 2017年度 後期

東北大学文学部 2017年度 (後期) 2年生対象 (時間割コード=LB42204)
<火2>文学部 315講義室

授業公式 URI: http://tsigeto.info/2017/occ/
このブログの該当カテゴリ: School/occ | RSS
[時間割表]

◆授業科目: 現代日本論概論
◆講義題目: 現代日本における職業
◆担当教員: 田中重人 (東北大学文学部准教授)

◆到達目標:現代日本社会における職業と労働に関する諸問題を理解する
◆授業内容・目的・方法:職業・労働について、社会学を中心に、経済学・経営学・法学などにおけるとらえかたを概観したうえで、現代日本社会における問題について考えていきます。トピックとしては、労働統計の読みかた、雇用をめぐる法と政策、外部労働市場と内部労働市場、社会階層と社会移動、ジェンダーと労働などをとりあげます。授業においては、およそ2回に1回の割合で、これらのトピックに関連したテーマを設定して、授業時間内に作文を完成させる課題を課します。また、法律や統計などの資料を探索・解釈する宿題を課すこともあります。
◇参考書:厚生労働省 (2017)『知って役立つ労働法』.労働政策研究・研修機構 (2010)「特集:初学者に語る労働問題」『日本労働研究雑誌』597.宮本太郎 (2009)『生活保障』岩波書店.犬塚先 (編)(2003)『新しい産業社会学』(改訂版) 有斐閣.嵩さやか・田中重人 (編)(2007)『雇用・社会保障とジェンダー』東北大学出版会.
◇成績評価の方法:授業中の課題と宿題によって評価する。
◇備考:受講者は、3セメスタ開講の現代日本論概論「現代日本における家族」を履修しているか、それと同等の知識を習得済みであることが望ましい。

学都仙台単位互換ネットワーク 登録授業
東北大学グローバルリーダー (TGL) 育成プログラム 指定科目

Related articles


ウィメンズヘルスリテラシー協会

「ウィメンズヘルスリテラシー協会」は、女性の健康についてのリテラシー向上を掲げて2017年7月に発足した一般社団法人です。9月28日に「ウィメンズヘルスリテラシーサミット」なるものを開くという告知が流れてきていますが、団体のウェブサイト等には、関係者や活動内容についての情報がほとんどありません。BuzzFeed がこの団体をとりあげた記事などを元に、この団体の正体を探りました。
http://d.hatena.ne.jp/remcat/20170920/whla

Related articles


Hijacking the Policy-Making Process: Political Effects of the International Fertility Decision-Making Study for 2010s' Japan (XIX ISA World Congress of Sociology, July 2018, Toronto) (manuscript)

Title: Hijacking the policy-making process: political effects of the International Fertility Decision-Making Study for 2010s' Japan

Author: Tanaka Sigeto (Tohoku University)

Abstract:

Studies that compare social conditions in a certain country with those of other nations can result in national feelings of inferiority or superiority. Comparative studies thus often serve as political devices. Owing to the development of the Internet and translation technology, large-scale, cross-national surveys have become a low-cost means to manipulate public opinion.

In this paper, I introduce the case of the political use of the International Fertility Decision-Making Study (IFDMS) in Japan. IFDMS was conducted in 2009-2010 by researchers from Cardiff University and Merck Serono, a global pharmaceutical company. IFDMS prepared a questionnaire in 13 languages for 18 countries, targeted at both men and women who were trying to conceive. It featured questions regarding medical knowledge about pregnancy. According to the published results, the respondents who lived in Japan exhibited a lower level of knowledge about conception than those in other countries. Based on this result, medical authorities in Japan insisted that, because of the lack of knowledge, the Japanese people had thoughtlessly postponed childbirth, resulting in fertility decline. The government accordingly created a new outline of population policy in 2015, in which it referred the results from IFDMS to advocate sex education for youth in order to encourage early marriage.

However, IFDMS is unreliable. It has many defects including mistranslations in the questionnaire. Nevertheless, results from IFDMS were accepted as reliable scientific findings in conferences and journals in the field of natural sciences in Europe, bypassing scrutiny by social science researchers in the targeted countries. Language differences also prevented the accurate understanding of the research results. The case of the political effect of IFDMS thus teaches us that social impacts of comparative studies may be deceptive and nullify social scientific efforts to accurately perceive the society in which we live. (See http://tsigeto.info/misconduct/#ifdms for details.)

Keywords: cross-national survey, translation, science communication

Conference: XIX ISA World Congress of Sociology (July 2018, Toronto)
Session Selection: Current Research in Comparative Sociology, Part 1 (RC20: Comparative Sociology)
Status: Before the abstract submission

More »


Related articles




Recent

Articles

Comments

Trackbacks


Archive

Monthly

Categories [Explanation]

| News:0 || Research:58 || Education:3 || School:258 || School/readu:3 || School/writing:17 || School/family:18 || School/occ:15 || School/quesu:3 || School/statu:3 || School/readg:18 || School/quesg:13 || School/statg:25 || School/kiso:5 || School/study:22 || School/intv:12 || Profile:2 || WWW:7 || WWW/this:4 |