Derivazioni: Space for communication by TANAKA Sigeto
[About] [Author] [Archive] [Mobile] [RSS]

 | | 

2月2日(日)連続勉強会:「国難」のなかのわたしたちのからだ 第5回「STOP! 自治体の道徳PR事業」(渋谷アイリス)

愛媛県は昨年4月から、「まじめえひめ」プロジェクトを開始しました。同県の「県民性」を「まじめ」と規定し、積極的に発信していくものです。すでに統計の誤りと盗用問題、長時間介護の美徳化、セクハラ動画の配信などに批判が起きていますが、この事業は自治体PRの名を借りた県民への「道徳教育」プロジェクトともいえ、とても危ない動きです。その一環である「県民動画」では、頑張らないものは「淘汰」といった表現まで発信されています。

官公庁が特定の政策を進めるとき、それを正当化する根拠の一つが統計です。だからこそ統計が歪められ、悪用されることも。政策と統計の危うい関係や市民のリテラシーについて愛媛を事例に探ります。

STOP! 自治体の道徳PR事業: 愛媛県・まじめえひめプロジェクトへの抗議―緊急報告と、使用された「統計」の検証
日時: 2020年2月2日(日) 14:00 - 16:30
会場: 渋谷男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス> (東京都渋谷区文化総合センター大和田8階・渋谷駅西口徒歩5分)
参加費: 500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
申込み: 準備の都合上、なるべくお申込みをお願いします。当日参加も可。

プログラム
- 報告1.西山千恵子・田中重人:愛媛県への抗議文―経緯と問題、県の対応
- 報告2.高橋さきの:「県民性」をめぐって――「血液型」そして「淘汰」
- フロア討議

主催: 高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会
共催: リプロダクティブ・ライツと健康法研究会、レインボー・アクション
協力: 女政のえん

勉強会案内 URL: https://remcat.hatenadiary.jp/entry/20200131/seminar5

Related articles




Recent

Articles

Comments

Trackbacks


Archive

Monthly

Categories [Explanation]

| News:0 || Research:71 || Education:3 || School:267 || School/readu:3 || School/writing:17 || School/family:18 || School/occ:16 || School/quesu:6 || School/statu:4 || School/readg:18 || School/quesg:13 || School/statg:25 || School/kiso:5 || School/study:24 || School/intv:12 || School/book:0 || Profile:2 || WWW:7 || WWW/this:4 |