Derivazioni: Space for communication by TANAKA Sigeto
[About] [Author] [Archive] [Mobile] [RSS]

 | | 

研究生 (2015春入学) の募集 (6月30日〆切)

東北大学文学部日本語教育学専修では、2015年4月入学の外国からの研究生について、募集をおこなっています。
http://www.sal.tohoku.ac.jp/nik/daigakuin/kenkyusei.html

6月30日締切です。自己紹介書・履歴書・研究計画書を電子メールでお送りください。なお、書類選考のほか、電話/インターネットを利用した面談を実施する可能性があります。

Related articles


投稿せず、引用せず、査読せず:高額雑誌への抵抗

電子ジャーナル購入数削減 (パッケージ契約の解除など) に関する委員会の資料を読む。

当面の予算が少なくて買えないなら、減らすのはそれ自体は仕方ないと思う。
よくわからんのは、みんな「雑誌が高い」と文句つけながら、依然としてそれらの雑誌に投稿し、引用し、あまつさえ無償で論文査読まで引き受けて、出版社の市場独占に協力しつづけていることだ。
出版社名は明らかになっているのだから、大学全体で (あるいは学界全体で)

(1) 投稿しない
(2) 引用しない
(3) 査読しない

の3ない運動を展開すべき。

Related articles


「現代日本論論文講読」(金4) 3本目の講読対象候補

現代日本論講読/比較現代日本論講読I「現代日本論論文講読」(金4) 3本目の講読論文は、つぎのどちらかとします。

Komatsu, S (2008) "Rice and sushi cravings: a preliminary study of food craving among Japanese females." Appetite. 50(2/3), pp. 353-358. http://dx.doi.org/10.1016/j.appet.2007.08.012

Amino, K. and Osanai, T. (2014) "Native vs. non-native accent identification using Japanese spoken telephone numbers." Speech communication. 56, pp. 70-81. http://dx.doi.org/10.1016/j.specom.2013.07.010

来週授業時 (6/20) に決めます。研究室メールボックス上に置いておきますので、目を通しておいてください。

Related articles


Only 3? ISA14 papers using NFRJ

Do we have only three papers using {NFRJ} datasets in the 18th World Congress of Sociology {ISA14} in Yokohama 2014-07?

7/16(Wed) 16:45 The Study of Changes in Filial Norms Concerning Parent Support in Japan: Using NFRJ08 Panel Survey Data, by KIM Jung-Nim. Data: {NFRJ-08Panel}
7/17(Thu) 17:30 The Effects of Child Birth on Marital Satisfaction in Contemporary Japan: Childbirth and Marital Satisfaction in Japan, by MIWA Satoshi + TOMABECHI Natsuho. Data: {NFRJ-08Panel}
7/19(Sat) 08:49 Female Employment and the Socioeconomic and Family Factors in Japan, by INUI Junko. Data: {NFRJ-08Panel}

Though the following paper by KATO Akihiko may use NFRJ (S01?) data, it has no data description in the title and the abstract:

7/14(Mon) 18:10 Strong Family Ties and Demographic Behavior in Japan, by KATO Akihiko. Data: Unspecified

For other large-scale repeated surveys in Japan, three papers use {SSM} surveys and seven papers use {JGSS}.

2014年7月に横浜で開催の世界社会学会議 {ISA14}、「全国家族調査」{NFRJ} データを使った論文は上記3本 (+1本) 以外になさそう。
ちなみに、{SSM} 調査は 3つの論文 で、{JGSS} は 7つの論文 で使われている模様。

Related articles




Recent

Articles

Comments

Trackbacks


Archive

Monthly

Categories [Explanation]

| News:0 || Research:56 || Education:3 || School:258 || School/readu:3 || School/writing:17 || School/family:18 || School/occ:15 || School/quesu:3 || School/statu:3 || School/readg:18 || School/quesg:13 || School/statg:25 || School/kiso:5 || School/study:22 || School/intv:12 || Profile:2 || WWW:7 || WWW/this:4 |