Derivazioni: Space for communication by TANAKA Sigeto
[About] [Author] [Archive] [Mobile] [RSS]

 | | 

東北大学卒業式 (3/27)

3月27日10:00~ 学位記授与式 (仙台市体育館)。

昨年と同様、Ustreamで動画配信 します (10:00-11:34)

http://www.ustream.tv/channel/tohoku-university

なお、当日18時以降に東北大学ウェブサイト http://www.tohoku.ac.jp/japanese/graduation/ に上がる予定。

(入学式 (4/4 午前) も同じくUstreamで配信する予定です。 → http://www.tohoku.ac.jp/japanese/entrance/ )

Related articles


New Book: A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families

A volume of Tohoku University GCOE Project Research Book Series (in printing)
Title:
A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families: Tradition and Modernity in the 21st Century
Editor:
TANAKA Sigeto (田中重人)
Publisher:
Tohoku University Press (東北大学出版会)
Date:
2013-03
Language:
English
ISBN:
978-4-86163-226-6
Price:
4,000 yen
Pages:
xi+375

Description:

This volume contains articles on result of quantitative analyses using micro data on Japanese family. Currently the family, household, and kinship are regarded as hot-issues in ageing and low-fertility society like Japan, but family-related policies are often implemented without firm empirical ground. With an intention to offer law/policy implication based on positive scientific evidences with national-representative data, the authors discuss urgent social problems related to contemporary families: parent-child relationships under stem family tradition, unpaid work and sexual division of labor in household, women’s employment and work-family conflict, and inequality in both economic and educational aspects.

This book is based on the research results of the project entitled "Family Change in an Aging Society with Low Fertility: Micro Data Approach" of the Tohoku University Global COE (GCOE) Program, "Gender Equality and Multicultural Conviviality in the Age of Globalization," as a volume in the GCOE Project Research Book Series.

Most chapters use data from the National Family Research of Japan (NFRJ) surveys. See http://nfrj.org

本書は、現代日本家族に関する計量研究の成果である。少子高齢化の進む現在の日本では、家族に関連する問題に注目が集まっているが、実証的な知識に基づいた議論が十分なされているとはいえない。本書では、代表性のあるミクロ調査データの分析結果に基づき、直系家族制の伝統の下での親子関係、無償労働に関する世帯内の性別分業、女性の就業とワークライフ・バランス、経済/教育面での不平等などの問題を論じる。

本書は 東北大学グローバルCOEプログラム「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」 の研究プロジェクト 「少子高齢社会の家族変動: ミクロデータ分析によるアプローチ 」 の研究成果に基づくものであり、GCOEプロジェクト研究成果シリーズの一部として出版するものである。

ほとんどの章では、全国家族調査 (NFRJ) データを利用している。 http://nfrj.org 参照。


Table of contents

  • List of Contributors (pp. i-ii)
  • Preface (pp. iv-vii)
  • Notes (p. xi)

Part I. Lineal Relationships after Modernization

  • Chapter 1 (pp. 3-12) KUBONO Emiko. Relationship between parents and children over the age of majority under Japanese family law
  • Chapter 2 (pp. 13-55) KATO Akihiko. Continuity and change in the Japanese family: Testing the family nuclearization hypothesis
  • Chapter 3 (pp. 57-91) YAMATO Reiko. Is the generational contract between care and inheritance still alive in Japan?: The coexistence of gendered bilateral and patrilineal intergenerational relationships
  • Chapter 4 (pp. 93-120) SHI Liping. Parent-child relationships and kinship in postwar Japan: Examining bilateral hypotheses

Part II. Structure of Unpaid Work

  • Chapter 5 (pp. 123-146) TSUTSUI Junya. Gender segregation of housework
  • Chapter 6 (pp. 147-174) INUI Junko. Influence of wife’s full-time employment and gender role attitudes on the division of housework
  • Chapter 7 (pp. 175-192) KADO Yoku. Women’s attitudes on caring for elderly parents: Life-stage differences between an "ideal incident" and a "daily incident" in terms of care

Part III. Consequences of the Feminization of Employment

  • Chapter 8 (pp. 195-234) SUZUKI Fumiko + TANAKA Sigeto. Women, work, and family issues
  • Chapter 9 (pp. 235-254) NISHIMURA Junko. Determinants of employment of women with infants
  • Chapter 10 (pp. 255-271) UCHIDA Tetsuro. What problems obstruct family roles?: Gender differences in the cause of work.family conflicts
  • Chapter 11 (pp. 273-295) SHIMA Naoko. Effect of wives’ contributions to family income on husbands’ gender role attitudes

Part IV. Family and Inequality

  • Chapter 12 (pp. 299-319) ARAMAKI Sohei. Effects of extended family members on children’s educational attainment: Afocus on the diverse effects of grandparents, uncles, and aunts
  • Chapter 13 (pp. 321-350) TANAKA Sigeto. Gender gap in equivalent household income after divorce
  • Chapter 14 (pp. 351-375) INABA Akihide. Non-first marriage continuing families and their experiences


Related articles


国民生活基礎調査分析結果報告ほか (3/23 仙台)

http://www.sendai-l.jp/cgi-local/event_t/view.cgi?ARTICLE=on&NO=374

登壇します。

【女性の生きづらさをみんなで考えよう:みえない貧困とジェンダー】

■ 2013年3月23日(土) 13:30~16:00
■ エル・ソーラ仙台 大研修室 (JR仙台駅前 AERビル 28F)

■ 参加定員:50名(抽選)
■ 参加費:無料

■ プログラム (予定)
調査報告:「国民生活基礎調査分析結果」「女性の生活状況及び社会的困難をめぐる事例調査」より
基調講演:藤原 千沙 (岩手大学人文社会科学部)
パネルディスカッション:
 佐藤 恵美 (せんだい若者サポートステーション キャリア・カウンセラー)
 田中 重人 (東北大学文学研究科)
 成田 洋美 (せんだい男女共同参画財団職員)
        ほか
■ 主催:せんだい男女共同参画財団

More »


Related articles


報告書『女性の生活状況及び社会的困難をめぐる事例調査』せんだい男女共同参画財団 (2013年3月)

Sendai Gender Equal Opportunity Foundation published a research report on poverty and economic difficulties suffered by women in Sendai. I contributed Chapter 3 (pp. 53-72) with results of secondary analysis of Comprehensive Survey of Living Conditions (国民生活基礎調査) 2007 by MHLW (厚生労働省).

報告書『女性の生活状況及び社会的困難をめぐる事例調査』せんだい男女共同参画財団 (2013年3月)
出ました。


【Contents】

1. 調査の概要
 1. 調査の目的
 2. 問題の背景および調査対象
 3. 調査の項目
 4. 調査の設計
 5. 留意点

2. 事例調査結果
 A. 非正規雇用で働く20~0代の未婚女性
  事例1~5
  現状と課題
 B. 単身世帯で暮らす高齢女性
  事例1~2
  現状と課題
 C. ひとり親として子育てをしている女性
  事例1~3
  現状と課題
 D. 配偶者やパートナーから暴力を受けた経験のある女性
  事例1~6
  現状と課題

3. 「国民生活基礎調査」分析結果
 1. 相対的貧困率の計算
 2. 世帯類型と相対的貧困率
 3. 相対的貧困率の男女差
 4. 婚姻状況と相対的貧困率
  4.1. 婚姻状況による違い
  4.2. 未婚男女の分析
  4.3. 親と同居する若年未婚女性
  4.4. 離別女性の分析
  4.5. シングルマザー
 5. 高齢者の相対的貧困率
  5.1. 世帯類型による違い
  5.2. 高齢者単独世帯の問題
 6. 分析結果のまとめ
 文献
 技術的事項の解説
 ・等価可処分所得と相対的貧困率
 ・世帯
 ・地域
 ・ケース数と誤差
 付表

4. まとめ及び提言
 まとめ
 提言
  (1) 現行制度の「谷間」に目を向ける
  (2) リスクの重複をふまえる
  (3) 支援者にはジェンダー視点が不可欠である。

5. 資料(面接調査事前記入用紙)

Cover Table of contents Information Chapter 3

田中は 第3章「「国民生活基礎調査」分析結果」(pp. 53-72) で相対的貧困率の分析 (厚生労働省「国民生活基礎調査」2007年 による) を担当。

なお、この報告書に関連する報告会を 3/23 (土) 午後におこないます。
http://b.tsigeto.info/142

More »


Related articles


2013年度授業予定

2013年度の開講授業と時間割を確定させました。
以下、行頭が [2] のものは学部2年生対象、[M] は3年生と大学院の共通科目。

【1学期】 (4-7月)
[2] 現代日本論概論               3セメスタ 金1 現代日本における家族
[2] 現代日本論基礎講読             3セメスタ 火1 論文作成の基礎
[M] 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習I   5セメスタ 水2 統計分析の基礎
[M] 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II  5セメスタ 木2 調査的面接の基礎

【2学期】 (10-1月)
[2] 現代日本論概論               4セメスタ 金1 現代日本における職業
[2] 現代日本論基礎講読             4セメスタ 火1 研究法入門
[M] 現代日本論講読/比較現代日本論講読     6セメスタ 火4 現代日本論論文講読
[M] 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II  6セメスタ 木2 質問紙調査の基礎
[M] 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習III 6セメスタ 水2 実践的統計分析法

これらのほかに、水曜16:30から「課題研究」(大学院) があります。

2012年度からの変更点はつぎの4つ:

(1) 3年次 (5/6セメスタ) 開講の科目をすべて大学院との共通科目とした

(2) インタビュー調査(調査的面接)の授業を新設(前期 木2「現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II」)

(3) 時間割の変更:統計分析の科目を水2に、調査法関連の科目を木2に、論文講読とプレゼンテーションの科目を火4に移動(いずれも学部・大学院合同)

(4) 新入生向け転換・少人数科目「基礎ゼミ」は2012年度かぎりなので、2013年度以降は(次回担当が回ってくるまで)なし

2013年度の授業内容の構想(『講義概要』記載内容)→ http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/2013/c.html
2012年度の情報は → http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/2012/c.html

Related articles




Recent

Articles

Comments

Trackbacks


Archive

Monthly

Categories [Explanation]

| News:0 || Research:53 || Education:3 || School:252 || School/readu:3 || School/writing:17 || School/family:18 || School/occ:14 || School/quesu:3 || School/statu:3 || School/readg:18 || School/quesg:13 || School/statg:24 || School/kiso:5 || School/study:20 || School/intv:11 || Profile:2 || WWW:7 || WWW/this:4 |