Derivazioni: Space for communication by TANAKA Sigeto
[About] [Author] [Archive] [Mobile] [RSS]

« «  | | 

濫用される国際比較調査と日本の世論形成: International Fertility Decision-making Survey と少子化社会対策大綱 (第61回数理社会学会大会 2016-03-17)

濫用される国際比較調査と日本の世論形成: International Fertility Decision-making Survey と少子化社会対策大綱

田中 重人 (東北大学)

第61回数理社会学会大会 (2016年3月17-18日) 1日目 自由報告 第4部会「社会問題と公共性」11:25-12:40 第3報告

日本人の妊娠・出産の知識レベルが低いことの根拠資料とされ、2015年「少子化社会対策大綱」における「妊娠・出産に関する医学的・科学的に正しい知識についての教育」の数値目標設定にも使われた International Fertility Decision-making Study (Cardiff University, 2009-2010) について、対象者構成の問題のほかに、調査設計と質問文翻訳に焦点を当て、問題点を明らかにする。また、なぜこの調査結果が日本の政策を決定するほどの大きな影響力を持つに至ったかを考察する。資料として、公表されている各種文献のほか、独自に入手した日本語版調査票を利用する。

報告要旨 → http://tsigeto.info/16z

【論文】「妊娠・出産に関する正しい知識」が意味するもの:プロパガンダのための科学?

下記の論文を出版しました。

2015年8月、妊娠・出産に関する「医学的・科学的に正しい知識」をはじめて盛り込んだ保健副教材改訂版が高校に配布されました。 その第20節「健やかな妊娠・出産のために」に載っていたのが、女性の妊娠のしやすさは22歳で頂点を迎え、そのあと急激に低下していく、という、加齢による減少を誇張したグラフでした。 この論文では、このグラフ改竄事件の経過と、このグラフの元となった研究について、解説と評価を加えます。 また、科学的研究への信頼と男女平等 (男女共同参画基本計画) に関して、この事件からえられる教訓を引き出します。

私たちが専門家を信頼できるのは、彼らは相互に厳しい批判を繰り返してダメな研究成果をふるい落としているはずであり、そのような淘汰の過程をくぐり抜けた確実性の高い知識について、誠実に解説してくれるものという前提があるからだ。今回の「妊娠のしやすさ」グラフ改竄事件から得るところがあるとすれば、このような信頼をおくことのできない専門家集団が実在するという事実を明るみに出したことであろう。
(p. 16)

目次:

  • 「妊娠のしやすさ」改ざんグラフ問題
  • グラフの来歴
  • 「医学的・科学的に正しい知識」の危うさ
  • 性差に基づく男女共同参画?

論文に関する情報:



11月30日(月)シンポジウム「高校保健・副教材にみる専門家の倫理と責任―データ改ざんと出産誘導」(東京ウィメンズプラザ)

シンポジウム「高校保健・副教材にみる専門家の倫理と責任―データ改ざんと出産誘導」を11月30日(月)夜に東京ウィメンズプラザで開催します。(主催・共催:「高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会」/レインボー・アクション)

今年8月、文部科学省編集の高校生用保健副教材『健康な生活を送るために (平成27年度版)』に、「女性の妊娠のしやすさの年齢による変化」という改ざんグラフ (22歳のところにピークがあり、それ以降は直線的に低下するよう加工されたもの) が掲載される という事件がありました。この事件は、それ自体が、専門家が「科学」の名のもとに間違ったデータを流布させようとした事例といえます。また、この副教材がつくられるに至った過程には、政府による世論誘導の意図のほか、政策決定における社会調査データの不適切な利用、専門家集団の行動に対するチェック機構の不在など、科学と学術倫理に関する種々の問題点がふくまれています。

今回のシンポジウムは、この事件をきっかけに浮かび上がってきた、現代日本社会における「少子化対策」への専門家の関与とその学術倫理上の問題を中心にとりあげるものです。みなさまのご参加をお待ち申し上げます。



―――――以下、転送・拡散歓迎――――

高校生にウソを教えるな! 保健・副教材問題緊急集会 第2弾

【シンポジウム】高校保健・副教材にみる専門家の倫理と責任―データ改ざんと出産誘導


日時: 11月30日(月)18時30分~20時45分(開場18時)
会場: 東京ウィメンズプラザ 2F 第1会議室 http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp (交通案内)
参加費: 無料(資料代等500円程度のカンパをお願いします)
申込み: 不要(先着80名)

「22歳が妊娠しやすさのピーク」という改ざんグラフ、「訂正」が出されましたが、まだ間違っています。その他にも間違いや不適切な箇所がたくさんあります。
私たちは文科省・内閣府にこの副教材の「使用中止・回収」を要請しましたが、両府省は使用中止どころか、再訂正さえ行わない方針です。
来年度も配布されるこの副教材、せめて、間違いや不適切な箇所をきちんと直して配布するように要求していかなければなりません。

そもそもなぜ、データの改ざんや妊娠・出産誘導が「科学」の名のもとに堂々とまかり通ったのでしょう。
「少子化対策」を後押しする科学者・専門家の倫理や責任を問う必要があります。

文科省・内閣府に提出した私たちの会の質問(※)に対する回答も報告します。
さらに、全国自治体の出産「啓発冊子」の頒布、「婚活」関連施策の問題についても考えます。
菅官房長官の「たくさん産んで 国家に貢献」発言、「一億総活躍社会」や「希望出生率」など、安倍政権の新政策についても議論しませんか。

ぜひご参加ください。

【発言予定・順不同】


◆ 柘植あづみ(明治学院大学教員/生殖医療問題)
「副教材、これからどうする―文科省と内閣府の回答」

◆ 高橋さきの(お茶の水女子大学非常勤講師/科学技術論)
「妊娠に関する知識の国際比較―ほんとに日本がダントツに低いのか」

◆ 田中重人(東北大学教員/家族社会学)
「改ざんグラフを持ち込んだ吉村泰典内閣官房参与と関連専門9団体への質問状」

◆ 大橋由香子(フリーライター、SOSHIREN女(わたし)のからだから)
「『産む・産まない選択』はどこへいったのか」

◆ 大塚健祐(レインボー・アクション)
「同性愛・両性愛の不可視化と性的自己決定権の侵害に抗議する」

主催・共催:「高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会」/レインボー・アクション
問合せ先:「高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会」 http://fukukyozai.jimdo.com

シンポジウム案内: http://d.hatena.ne.jp/remcat/20151118

A Spider's-Eye View of National Sociologies: Web 2.0 Technologies to Go Beyond Borders (ISA Forum of Sociology, 2016 Vienna) (under review)

Title: A Spider's-Eye View of National Sociologies: Web 2.0 Technologies to Go Beyond Borders

Author: TANAKA Sigeto (Tohoku University)

Abstract:

Sociology is divided into a number of “national” sociologies, which are usually bounded by national boundaries and which have developed their own theories, concepts, and political/cultural focus according to a specific historical context. Sociology is also divided by linguistic boundaries, which prevent us from knowing the discourses of an unfamiliar language. These problems hinder “international” communication among sociologists. However, such borders are a source of the power of sociology; they maintain the diversity in sociological research that allows it to address various local problems. We should seek a way to communicate beyond borders, without sacrificing diversity.

This paper proposes utilization of so-called “Web 2.0” technologies to go beyond those borders and establish a common basis for communication and mutual respect between national sociologies. Web 2.0 technologies offer functions for broadcasting information in particular formats, such as RSS/Atom feeds. Consequently, we can obtain updated information and aggregate it efficiently. We can thus prepare systems to monitor information for each national sociology, to make it easier for us to share cross-border knowledge.

I am building online news-feed systems using Web 2.0 technologies to monitor trends in sociological studies (http://tsigeto.info/ns/). A prototype for the Japanese version of the system has operated successfully. To get useful daily updates, I carefully selected target URLs from sociological associations and institutions, government sites, publishers, book stores, libraries, repositories, data archives, news sites, social bookmarks, personal blogs, and some useful Twitter accounts. I am also making similar systems for other societies.

This paper demonstrates the experiential know-how involved in developing the system. It also discusses difficulties in expanding the system to cover other societies: differences in interfaces of libraries/repositories, problems in using online translation services, and linguistic/cultural diversity within society.

Keywords: Internet, communication, information technology, language

Session Selection: Academic Discourse

More »


Dynamics of Ideology and Institution: Probable Scenarios for Changes in Beliefs about Gender and Family in Japan (ISA Forum of Sociology, 2016 Vienna) 2016-07-11

Date: 2016-07-11 (Monday) 10:45-12:15
Location: Hörsaal 34 (Main Building), Vienna University

Slides download: http://researchmap.jp/mun1bbek2-58901/
Handout download: http://researchmap.jp/mus6ubtp0-58901/

Title: Dynamics of Ideology and Institution: Probable Scenarios for Changes in Beliefs about Gender and Family in Japan

Author: TANAKA Sigeto (Tohoku University)

Abstract:

This paper put forward a proposal for elaborating ideology analysis. In parallel with development of empirical analysis to specify causality in the real social phenomena, we should develop methods for analysis of ideology to explore dynamics of what we perceive and think about the real society. Using them in combination, we obtain a powerful tool to foresee the future.

This paper proposes a framework of ideology-institution dynamics with causal modeling (IIDCM). IIDCM defines ideology as a system of interdependent beliefs classified into three categories: beliefs about facts (how the society is), about ideals (how the society should be), and about norms (what we should do). A feedback cycle is assumed as follows. We have beliefs about facts based on our observations of society. We have also beliefs about ideals as criteria to evaluate whether the social condition is good or bad. Such criteria and beliefs about facts jointly justify a norm to realize a better society. If the norm is institutionalized, it determines people’s action and brings social outcomes. And if we observe the social outcomes through empirical analysis, it will make changes in our beliefs about facts.

IIDCM theorizes relationships among ideology, institution, and people’s action. We can write a scenario and select the cast to predict social changes, using IIDCM as a basic framework. This paper takes an example of fertility issue in Japan. Political responses to low fertility in Japan since late-1980s have been too conservative to set ideological changes about gender and family. However, facing the population shrinking, the government (and people) are now seriously recognizing the necessity of drastic social changes. We can write probable scenarios, with the framework of IIDCM, according to what policy will be selected and how public opinion will change hegemonic ideology related to gender and family. (See http://tsigeto.info/iidcm/ for details)

Keywords: methodology, norm, policy, social change

Conference: 2016 Third ISA Forum of Sociology
Session Selection: Scenarios and Future Societies
Abstract URI: https://isaconf.confex.com/isaconf/forum2016/webprogram/Paper78902.html

More »


学会報告メモ即時公開の手順

Twitterなどに五月雨式に投げるのが好きでないので、長いメモ1つにまとめて投稿する手順を考える。
→「学会報告についてWebで発言する運動」 {http://d.hatena.ne.jp/remcat/20140911/visibleweb}
以下、自分用のメモ。


事前に各報告のURLを用意

個別報告ごとに投稿用メール文面を用意(リンク不可、清書して移動する旨の注意事項、上記URLへのリンク)

当日日付の日記を用意

会場で速記したものをメールで投稿
タイトルは報告者プラスキーワード
→ブックマーク(無線が使えればそちら、なければ携帯から)
質疑はReで別エントリに

Maintaining diversity in policy-oriented research (第88回日本社会学会大会 2015-09 報告申込、審査中)

Maintaining diversity in policy-oriented research: alternatives of work-life balance measures for gender equality in Japan

TANAKA Sigeto (田中 重人) Tohoku University

Abstract prepared for a poster session in the 88th Annual Meeting, Japan Sociological Society (2015-09-19..20 Waseda University, Tokyo, Japan)

This proposal is under review by the Japan Sociological Society. Result will be opened by late August.

(Below is a draft before submission, as by 2015-05-18. See http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/15x.html for the final version.)

1. Problem

Policy-oriented research often suffers from overconcentration on a narrow topic. For instance, research on gender equality in Japan has concentrated on the effects of work-life balance (WLB) measures on continuous regular employment of women in their childrearing stage. Although we have already compiled negative evidence indicating that there has been no increase in women's continuous regular employment despite expanding WLB measures [1], we are still spending a large amount of resources on WLB research. Overconcentration reduces diversity and the capacity of social sciences to make appropriate contributions to public issues.

This problem partly arises from a defect in the PDCA (plan-do-check-act) cycle model, which policy-oriented research is always based on implicitly. It offers no motivation to break the cycle. The cycle is merely a repetition of fine-tuning in a production process to achieve the given goal, as is naturally expected given that the root of PDCA was a product management system used in private companies [2]. There will thus be no chance to set another goal, to discover a new research topic, or to appeal to the public to overwrite the fundamental philosophy behind the policy.

2. Solution

I put forward a proposal for a new framework for policy-oriented research: "ideology-institution dynamics with causal modeling" (IIDCM), a framework upper-compatible with the PDCA cycle. Like the PDCA cycle, IIDCM assumes a cycle between consideration of ideology (what we perceive and think about the real world) and observation of social phenomena in the real world. In addition, IIDCM offers a schema to analyze ideology as a system of interdependent beliefs about how the real society is, how the ideal society should be, and what we should do according to the social status we occupy.


More »


What will we witness when we seriously try to boost fertility? (第25回日本家族社会学会大会 2015-09 報告申込中)

What will we witness when we seriously try to boost fertility?: Normative constraints against universal child benefits

出生力増大に本気で取り組んだら何が起きるのか?: 普遍的児童給付の規範的制約

TANAKA Sigeto (田中 重人)
Tohoku University

Abstract prepared for a presentation in the 25th Annual Meeting, Japan Society of Family Sociology (2015-09-05..06 Otemon Gakuin University, Osaka, Japan)

(Below is a draft before submission, as by 2015-06-04. See http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/15y.html for the final version.)

Question

Many contemporary societies suffer from low fertility due to two factors: the desired number of children has declined and converged at a low level between 2 and 3 [1: 201-207]; and most people cannot have the desired number of children [2: 12-19]. If we take these as a serious problem and try to raise fertility up to the replacement level, what amount of resources should we mobilize? And what will be obstacles against such policies? This paper discusses these issues focusing on economic aspects of work-life balance (WLB) and universal child benefit (UCB) policies in Japan.


More »


WLBと児童給付の経済的効果のシミュレーション

前記事 {blog:283} のグラフのためのPerlスクリプト。

変数の意味はつぎのとおり:

$a: 家庭責任がなければ稼げる所得 (任意の実数)
$b: 児童給付額 (ひとりあたり定額) (任意の実数)
$w: WLB政策の効果 (0から1の範囲の実数)
@x: 子供数 (非負の整数) のベクトル

sub eqinc {
    my ($a,$b,$w,@x) =@_;
    my @ret;
    foreach (@x) {
        if($_){
            push @ret, ( (1+$w)*$a + ($b*$_) ) / sqrt(2+$_) 
        }
        else{
            push @ret, $a 
        }
    } 
    @ret
}

sub tb_eq {
    my($head, $b, $w ) = @_;
    print $head ,  "$b,$w"  , map {sprintf('%6.2f',$_) } eqinc( 100, $b, $w, 0..10 );
}

$"  = $, = "\t";
$\  = "\n" ;

print 'Setting' , 'Parm' ,  0..10 ;

tb_eq( 'WLB' ,  0,  1);
tb_eq( 'UCB' ,  17, 0);
tb_eq( 'Both',   7, 1);
tb_eq( 'Both',  17, 1);
tb_eq( 'Both',  35, 1);
tb_eq( 'UCB' ,  41, 0);
tb_eq( 'UCB' ,  50, 0);
tb_eq( 'UCB' ,  73, 0);

○ 結果:


Setting Parm    0       1       2       3       4       5       6       7       8       9       10
WLB     0,1     100.00  115.47  100.00   89.44   81.65   75.59   70.71   66.67   63.25   60.30   57.74
UCB     17,0    100.00   67.55   67.00   67.53   68.59   69.92   71.42   73.00   74.63   76.28   77.94
Both    7,1     100.00  119.51  107.00   98.83   93.08   88.82   85.56   83.00   80.95   79.30   77.94
Both    17,1    100.00  125.29  117.00  112.25  109.41  107.72  106.77  106.33  106.25  106.43  106.81
Both    35,1    100.00  135.68  135.00  136.40  138.80  141.74  144.96  148.33  151.79  155.28  158.77
UCB     41,0    100.00   81.41   91.00   99.73  107.78  115.28  122.33  129.00  135.35  141.41  147.22
UCB     50,0    100.00   86.60  100.00  111.80  122.47  132.29  141.42  150.00  158.11  165.83  173.21
UCB     73,0    100.00   99.88  123.00  142.66  160.03  175.75  190.21  203.67  216.30  228.24  239.60

More »


政府が本気で出生力増大に取り組んだら何が起きるのか? 普遍的児童給付政策の規範的制約

(第25回日本家族社会学会大会 報告申込案)
とりあえずのプロット

問題:
・近代化と家族の機能縮小、人口転換の第2段階←家族にもはや人口再生産レベルを最適化する機能はないので、政府が調整しなければならないが、これがむずかしい。
・日本の場合、ワークライフ・バランス (WLB) で育児の機会費用を減らせばなんとかなるんじゃないかというもくろみで政策をたててきたのであるが、現在でも出生力は人口置換水準を大きく下回ったまま
・政府がまともな判断をするなら、効果のあがらない戦略はすてて練り直すはず。より効率のよい政策は普遍的児童給付 (UCB) だが、その方向に日本が踏み出した場合、将来の家族制度はどうなるのか?

モデル:
・理想家族規模の縮小と収束
・理想子供数の過少実現(過大になることはあまりない)
・消極的戦術と積極的戦術

【概念図】

・WLBとUCBの経済的効果
・消極的観点からの評価
・積極的観点からの評価

【数式とグラフ】

制約:
・生活保持義務
・再生産平等主義
・これらの信念を消すか、押さえ込むか、妥協するか →UCBを導入するなら、家族制度のラディカルな改革不可避
・比較すると、WLBの保守的性格がよくわかる

政策研究の多様性のために

日本社会学会 第88回大会 (JSS88) 報告要旨案
「政策研究の多様性のために:ワークライフ・バランス以外の男女平等政策を」
田中 重人 (東北大学)

問題:
・政策研究は特定のテーマに集中する傾向がある
・実証研究による否定的根拠がいかされず、ダメそうなテーマの研究が大量に行われつづける一方で、有望そうな新しいテーマの開拓が行われない
→なんのために実証研究をやってるのかわからない

解決の方向:
・研究テーマの多様性を確保する
・通常の政策研究で使われるPDCAサイクルや類似の思考枠組みでは、テーマ設定自体を再考する契機がない
→PDCAの限界を補い、研究テーマ自体を見直す契機を研究枠組みに組み込む必要がある

方法:
・未来の多様な可能性を想定する枠組みの採用
→これを可能にする枠組みのひとつとして Ideology-Institution Dynamics with Causal Modeling (IIDCM) を提唱する

More »


Ideology-Institution Dynamics with Causal Modeling

どこかの学会にもっていくつもりで発表計画を立てたので、自分用のメモ。これだけみてもわけがわからんのだけど、内容はほぼ http://tsigeto.info/15z とおなじ。

スライド23枚くらいになるので、20分報告ならもうすこしけずるか。科研費プロジェクト http://b.tsigeto.info/251 の協力者募集をどうするか(そもそも通ってれば、だけど)

[題名] イデオロギーと制度の動学: 公共社会学における因果モデルの位置づけ

※科研費プロジェクト→人集め(通ってれば)

原初的問題関心
・計量分析
・事実の発見
・それで何?

・面白ければいいのか?
・消費としての学問?
・投資価値のある研究?

NFRJ08研究会
・WLBへの関心の集中

女性の就業継続
ありそうにない未来

流行りの研究テーマ
・研究しやすい
・読まれる
・知識の効率利用
→多様性の消失

多様性の確保
・学界
・市場
・顧客

公共社会学
架空の存在としての「公衆」

IIDCMの枠組
イデオロギーとは
支配的イデオロギーと制度
「正しい」因果モデルと社会認識

PDCAサイクル
→脱出するには?

目的の階層性と機能的等価性

WLBの失敗
延命策
要求水準の切り下げ

「少子化対策」としてのWLB
WLB論の前提する選択肢構造

政府による直接給付
・生活保持義務
・再生産平等主義
・男女平等
・子供の平等

機能主義とIIDCM
・機能の充足状態=社会指標
・制度が機能を充足する回路についての認識=因果モデル
・制度の変容可能性と規範・法・政治研究
・潜在的論争点を顕在化させる

公共社会学の担い手
・個人
・プロジェクト(NFRJ?)
・学界
・公衆
・他分野とのコミュニケーション

※人材募集
・IIDCMを使った研究
・研究成果の電子的共有
・過去の社会学研究が役に立った/立たなかった事例の収集

両立政策が結婚・出生をめぐる意思決定にあたえる経済的影響

Blogos に変な記事が。

また、経済学的には一度得た生活水準はなかなか落とせないという学説があります。若者が結婚する前に享受したライフを結婚後、共稼ぎの間、更に引き上げたとすれば子供ができることで経済的理由からそれを大きくシフトダウンしにくいのであります。

ヒロ (2015-02-15)「逆効果も考えられる女性の社会進出と少子化問題」
<http://blogos.com/article/105659/>
<http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52413659.html>

いや、私たちが子供を扶養する義務を親に押しつけてる以上、子供がいればそのぶん貧しくなるのはあたりまえの話だから。経済学的にいうなら、そもそも「シフトダウン」(=等価所得の減少)を許容できる者でなければ子供など持たないのである。その事情は、共働きでも、片働きでも、独身でも、有配偶でも変わりない。

こういう変なことをいいだす人が出てくるのは、結婚や出生をめぐる基本的な経済状況の変化が見通せてないせいだと思うので、簡単に解説を。

基本的な考えかた

年収(可処分所得)500万円の人について考えてみよう。子供がなく、1人で暮していれば、年間500万円をまるまる自分で使える。ここに子供ができるとどうなるか。また、結婚するとどうなるか。いろいろな場合を考えて計算してみよう。こういうことを考える場合は、世帯所得を世帯人数の平方根で割って「等価所得」(equivalent income) を求めるのが、生活水準を推測する簡便な方法として広く使われている。この記事でもそれを利用する。( )内が、世帯内の大人の年収 (万円) である。勤労所得以外の収入源、持ち家等の資産、自分と配偶者と子供以外の世帯員、育児のための各種手当や税控除などの存在は、下記の注※以外は考慮していない。


A. 独身ひとり暮らし:大人1人(500)    子0人 → 500/√1 = 500万円
B. 有職の単親と2子:大人1人(500)    子2人 → 500/√3 = 289万円
C. 無職の単親と2子:大人1人(0)      子2人 →          125万円※
D. 共稼ぎ夫婦で無子:大人2人(500+500)子0人 →1000/√2 = 707万円
E. 共稼ぎ夫婦と2子:大人2人(500+500)子2人 →1000/√4 = 500万円
F. 片稼ぎ夫婦で無子:大人2人(500+  0)子0人 → 500/√2 = 354万円
G. 片稼ぎ夫婦と2子:大人2人(500+  0)子2人 → 500/√4 = 250万円

(※ 私的・公的扶助で貧困線を維持できるとして125万円。離婚給付などは考慮していない。)

両立不可能な社会

まず、育児と仕事を両立できない状況を考えよう。この状況では B と E は選べない。したがって、子供を持つかどうかに影響するのは、つぎの場合の比較ということになる

X0: 結婚相手がいない場合 → A 対 C

この場合、子供がいなければ年間500万円使える (A)。これに対し、子供ができることで仕事が続けられなくなり、所得がゼロになってしまう。公的扶助等で最低限の生活費がえられるとしても、年間125万円くらいのレベルになる (C)。生活水準は25%くらいに落ちることになる。

X1: 結婚相手がいるが、結婚退職を強制される場合 → A 対 F 対 G

この場合、結婚しなければ年間500万円使える (A)。これに対し、結婚すると片稼ぎになってしまう。子供がいなくても、夫婦2人の生活を自分の年収500万円で支えなければならない。等価所得は年間354万円まで落ちる (F)。これに加えて子供が2人いるとなると、年間250万円相当 (G) である。つまり、結婚前 (A) を基準にすると、結婚することによって約7割、子供ができると5割にまで生活水準が落ちる。

X2: 結婚相手がいて、結婚退職を強制されない場合 → A 対 D 対 G

この状態が、現在の日本社会で多くの若者が直面する状況である。この場合、結婚しなければ年収500万円 (A) なのに対し、結婚すると年間707万円相当の生活が送れる (D) ことになり、生活水準が約4割あがる。ここから子供ができると年間250万円相当 (G) になり、結婚前 (A) に比べて5割、結婚後 (D) と比べると35%程度まで落ちる。

両立できる社会

さて、育児と仕事を両立できるように社会が変化すると、どうなるか。ここでは、単純化のため、配偶者と自分の収入はおなじであり、また子供ができても収入は変化しないような理想的な両立手段が提供されている、と仮定しよう。

Y0: 結婚相手がいない場合 → A 対 B

この場合、子供がいなければ年間500万円使える (A)。これに対し、子供が2人できると、3人世帯でこの500万円を共同で使うことになる (B)。生活水準は289万円相当 (約6割) に落ちる。

Y1: 結婚相手がいる場合 → A 対 D 対 E

この場合、結婚しなければ年収500万円 (A) なのに対して、結婚すると等価所得が年間707万円相当 (D) まであがる。これは現在の状況 (X2) とおなじである。ここから子供が2人できると、4人で世帯収入1000万円を共同で使うことになる (E) ので、500万円相当に落ちる。これは、結婚後 (D) を基準にすれば約7割ということだ。しかし、結婚前 (A) と比較すれば、生活水準はぜんぜん変わっていない。

考察

以上の結果から、つぎのことがいえる。

結婚する場合、かつての日本社会では、女性の結婚退職が制度化されており、X1 に近い状態にあった。この制度下では、結婚することのペナルティが3割、さらに子供ができると5割も生活水準が落ちる。ただし、結婚した段階 (片稼ぎで子供なし) ですでに生活水準が落ちているから、そこを基準に考えれば、子供を持つことのペナルティは3割程度ともいえる。

近年の日本では、結婚退職は大きく減った。制度化された結婚退職というのは、もはやかなり特殊なものになっている。ところが、育児と仕事の両立は依然としてむずかしい。その結果、現在では、出産前後での退職が主流になっている。このような状況 (X2) においては、結婚して共稼ぎなら結婚前より4割の経済的プレミアムがある。しかし、子供が2人できて片稼ぎになれば、結婚前の5割の生活水準に落ちることになる。結婚後の子供がいない状態を基準にすれば、65%のペナルティである。

つまり、現在の日本社会の結婚・出生をめぐる経済的環境は、つぎのようなものなのだ。

  • 結婚と出生がセットと考える (=子供を持たない夫婦生活が眼中にない) 人にとっては、子供を持つことのペナルティは5割程度であり、以前と変わっていない
  • 子供を持たない夫婦生活と比較考量する場合、子供を持つことのペナルティは、以前は3割程度であったのが現在は65%程度になっており、大きく増加している

この経済状況の変化が婚姻内出生力の低下の幾分かを説明する可能性はある。ただし、1980年代以降の出生力低下の最大要因は、結婚の衰退である。「共稼ぎで子供を持たない夫婦が増えたから子供が減った」というのは、近年の日本社会における「少子化」現象全体の説明としてはかなり外している。

これに対して、育児と仕事の完全な両立(=子供ができても収入が減らない)が実現すればどうなるか (Y1)。結婚して共稼ぎの場合、子供2人できたときの生活水準は、結婚前の生活水準とかわらない。つまり、結婚して子供を持つことの経済的ペナルティはゼロである。結婚後の無子の状態を基準にすると約3割のペナルティは発生するが、現在の状況 (X2) におけるペナルティが65%であることとくらべれば、ずっとちいさい。また、結婚退職制度下 (X1) におけるペナルティと比較しても、結婚後を基準とすれば同程度 (約3割) であり、結婚前を基準とすればずっとちいさくなる (というか存在しない) ことがわかる。

他方で、結婚しない場合に子供を持つことのペナルティは、両立不可能な社会では所得の75%に及ぶ (X0) のに対し、両立可能になれば4割程度で済む (Y0) のであり、この場合もやはり、両立可能な社会のほうが、子供を持つことの経済的不利益がちいさくなることがわかる。

結論

というわけで、育児と仕事の両立を進めれば、子供を持つことの経済的な不利益はちいさくなる。したがって、もし経済的な損得だけで出生力が決まるとの前提に立つなら、両立政策は出生力をひきあげると結論できる。(もっとも、現在まで両立政策を進めてきたにもかかわらず出生力があがっていないのはあきらかなので、この前提が偽であることもあきらかであるが。)

もちろん、結婚して子供を持たない選択 (D) と比較すれば、子供を持つことのペナルティは、たとえ育児と仕事の両立が完全にできたとしても、やはり3割程度存在する (E)。しかしそれは、子供を育てるのにお金がかかる (そして親には子供に自分と同程度の生活水準を保障することが義務付けられている) ことの当然の帰結である。収入が増えないのに扶養義務のある相手を抱え込めば、それだけ自分の生活水準はさがる。それは、共働きであろうがなかろうが、また結婚していようと独身だろうと、まったくおなじなのである。

この点を心配するのであれば、それは両立政策とは関係ない話である。むしろ、子供に対する経済的扶養義務から親を解放し、公的機関がすべての子供の生活保障を(親の所得とはかかわりなく)おこなうなどの政策転換を考えるべきであろう。この件については2014-07-09に書いた記事「「現役世代支援」は少子化を促進する」{blog:232} 参照。



東北大学 文系4学部合同「クワトロセミナー」第4回「統計学のネクスト・ステージ: 公共的社会科学における統計分析の実践と展開」(2015-01-14)

http://www.tfc.tohoku.ac.jp/other-activities/quattro-seminars.html
2015-01-14 (水) 16:00 - 18:00
東北大学 川内南キャンパス 文科系総合研究棟11階大会議室

報告者:田中 重人 (文学研究科) / 千木良 弘朗 (経済学研究科) / 尾野 嘉邦 (法学研究科)
司会/討論者:三輪 哲 (教育学研究科)

第4回クワトロセミナーは、統計分析による社会的事実の「予測」と「説明」をテーマに、社会学・政治学・経済学の若手研究者による公共的関心にそくした報告と領域横断的な議論を行います。まず第1報告(田中重人 准教授)では、統計分析を用いた研究が公共的な議論に貢献するため満たすべき条件について、社会学の観点から検討します。次に、公共的研究の条件と関連して、一般社会に提示する研究成果として正確な「予測」を重視する立場と、現象が生起する因果メカニズムの「説明」を重視する立場それぞれからの報告を行います。第2報告(千木良弘朗 准教授)は、「予測」を重視する立場から、将来の死亡率予測に関する議論を題材として、経済学で主流となっている統計分析モデルを紹介します。そして、第3報告(尾野嘉邦 准教授)では、因果メカニズムの「説明」を重視する立場から、議会行動に関する理論モデルの構築と統計分析によるモデルの検証について議論を行い、政治学における統計分析の最新トレンドについて報告を行います。これらの報告・議論を通じ、人文・社会科学の中の異なる領域において統計分析がどのようなモデルを使用しながら現実に迫ろうとしているかについて考えていきたいと思います。


プログラム [2015-01-18 加筆]:
田中 重人「公共社会学と社会指標」(下記)
千木良 弘朗「より高精度な将来の死亡率予測の提案」(参考: Chigira H + Yamamoto T (2009) "Forecasting in large cointegrated processes". Journal of Forecasting. 28(7):631-650.)
尾野 嘉邦「政治学における実証分析」(参考: Ono Y (2012) "Portfolio allocation as leadership strategy: intraparty bargaining in Japan". American Journal of Political Science. 56(3):553-567.)
討論


【田中の報告要旨と目次】

田中重人「公共社会学と社会指標」
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/15z.html
Public Sociology and Social Indicators (2015-01-14 Tohoku Univ), by TANAKA Sigeto

公共的な議論への貢献をねらう研究、たとえば政策の提言や評価を目指す研究においては、公共的関心に応えるテーマ選択が重要です。公共的問題は多岐にわたりますから、研究テーマには多様性が必要です。また、時代の変化や研究の進展にあわせて新しいテーマを開拓しなければなりません。しかし実際には、少数の人気テーマに研究が集中する傾向があり、また既存の研究成果がテーマ選択に活かされない(たとえばすでに否定的な結果がでている政策についての否定的な分析結果が量産されつづける)現象もみられます。この報告では、公共的な研究テーマの多様性を確保するための方法について論じます。具体的には、(1) 従属変数の設定にあたっては、抽象的な価値基準に基づいて社会状態を評価する社会指標がえられるようにすること、(2) 独立変数の選定にあたっては、個々の行為主体のふるまいを指示する規範としてどのようなものがありうるかの考察を組み込むこと、という2点を提案します。これは、計量的な研究のプロセスに理論研究や言説分析の成果を取り入れる枠組であると同時に、より精緻な研究成果を同時代の公共的な関心に沿って流通させる手段を提供します。

(1) イントロダクション
(2) 研究テーマの決めかた
(3) 公共社会学
(4) 個人的研究史に当てはめると……
(5) まとめ

More »


Tanaka S (2014) Survey Responses for NFRJ-08Panel (Japanese J Family Sociol. 26:165-8)

田中 重人 (2014)「NFRJ-08Panel 第1波~第5波回収の状況」(NFRJ (全国家族調査) レポート) 『家族社会学研究』26:165-168.

http://tsigeto.info/14b

2010-2013年の日本家族社会学会「全国家族調査パネルスタディ」{NFRJ-08Panel} を構成する5つの調査 (第1-5波) の回収状況を概観する。

2014年10月出版。1年後にJ-Stageで電子版全文を公開の予定 → http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjoffamilysociology



TANAKA Sigeto (2014) “Survey Responses for the NFRJ-08Panel, Waves 1-5” (NFRJ reports). Japanese Journal of Family Sociology. 26:165-168.

http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/14b-e.html

Overview of the survey responses for the all surveys (Waves 1-5) of the National Family Research of Japan 2008-2012 Panel Study {NFRJ-08Panel}, conducted by the Japan Society of Family Sociology during 2009-2013.

Publication date was 2014-10. Electronic full-text will be available after 2015-10 on J-Stage: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjoffamilysociology

@JSSunofficial on Twitter

I made an “unofficial” account of Japan Sociological Society

http://twitter.com/JSSunofficial

It broadcasts information about JSS (Japan Sociological Society). Major information sources are

- RSS feed on JSS, Japan Sociological Review (CiNii/J-Stage), International Journal of Japanese Socioilogy
- Twitter accounts followed by @JSSunofficial (see http://twitter.com/JSSunofficial/following)
- Search results of such keywords as “Japan Sociological Society”, “JSS*” on the WWW
- Academic associations related to sociology (see http://a.hatena.ne.jp/remcat/)

Additional information: http://tsigeto.info/jssunofficial/
Web-mediated discussion (on the 87th Meeting of Japan Sociological Society, 2014-11-22,23 Kobe): http://d.hatena.ne.jp/remcat/20140911#visibleweb


Twitter に「日本社会学会 (非公式)」なるアカウントをつくりました。

http://twitter.com/JSSunofficial

日本社会学会、それに関連する学会、日本の社会学研究・教育に関する情報を流します。

主要な情報源:
・日本社会学会、社会学評論(CiNii/J-Stage)、IJJS の新着をRSSでチェック
・フォローしているアカウントからの情報 → http://twitter.com/JSSunofficial/following
・「社会学会」「JSS87」などのキーワードを適宜検索
・社会学関連学会などのサイトを巡回 → http://a.hatena.ne.jp/remcat/

その他の情報:http://tsigeto.info/jssunofficial/
「学会報告についてWebで発言する運動 (11/22,23 の第87回日本社会学会に向けて)」:http://d.hatena.ne.jp/remcat/20140911#visibleweb

Public Sociology for Family-Related Institutions with Gender Equality (KAKENHI research plan (2015-2019) under review)

男女平等に資する家族制度構築のための公共社会学の試み

科学研究費補助金 (基盤研究(C)) 2015--2019年度 (申請中)

分野: 総合人文社会
分科: ジェンダー (gender)
細目: ジェンダー (gender)
細目表キーワード: 男女共同参画 (gender equality)
細目表以外のキーワード: 家族 (family)
研究代表者: 田中 重人 {http://tsigeto.info}
状況: 申請中

More »


Skelton: Perl script to visualize syntactic structure of Japanese text

An one-liner JPerl (Shift JIS) script to mask Kanji, Katakana, Greek, and some kinds of symbol characters in Japanese texts.

    jperl -pe "s/[〇ー々0-9A-Za-zァ-ヶΑ-Ωα-ω亜-熙]+/□/g"

Broadly speaking, you can obtain an output containing punctuations, Hiragana, and ASCII characters by processing your text with this script. The following is an example of output:

□から□までのそれぞれの□を□に□す。□に□い□の□が□された□や、□がわからなくなった□などは□を□っていない。それらの□は、□2では、「□せず」の□に□した。□2の「□」の□としては、□の□1879を□の□として□っている。□とも、□した□のなかに、□の□として□となったものが3□ないし4□あった。それらをのぞいた□な□は、□2□ (2010□) では1622、□3□ (2011□) では1555、□4□ (2012□) では1515、□5□ (2013□) では1594であった。□3□と□4□の□がやや□である。ただし、いちばんすくない□4□でも、□は1500□を□できている。

In usual Japanese texts, Hiragana characters always indicate syntactic structure (such as suffixes, particles, auxiliaries, and conjunctions). By contrast, Kanji characters provide substantive meaning (such as nouns, verbs, adjectives, and adverbs). The script accordingly extracts syntactic structure without semantic inference. It thus offers a handy way to evaluate the readability of the text in terms of syntax.


日本語文章の漢字、カタカナ、ギリシャ文字、および一部の記号を □ に変換する簡単な JPerl (Shift JIS) スクリプト。

    jperl -pe "s/[〇ー々0-9A-Za-zァ-ヶΑ-Ωα-ω亜-熙]+/□/g"

これを日本語文章に適用すると、句読点、ひらがな、ASCII文字だけをのこした出力がえられる。 たとえばつぎのような感じである:

□から□までのそれぞれの□を□に□す。□に□い□の□が□された□や、□がわからなくなった□などは□を□っていない。それらの□は、□2では、「□せず」の□に□した。□2の「□」の□としては、□の□1879を□の□として□っている。□とも、□した□のなかに、□の□として□となったものが3□ないし4□あった。それらをのぞいた□な□は、□2□ (2010□) では1622、□3□ (2011□) では1555、□4□ (2012□) では1515、□5□ (2013□) では1594であった。□3□と□4□の□がやや□である。ただし、いちばんすくない□4□でも、□は1500□を□できている。

日本語の通常の文章では、ひらがなは主として統語構造を示すために使われる (活用語尾、助詞、助動詞、接続詞など)。 一方、漢字は、実質的な意味をあらわすことが多い (名詞、動詞、形容詞、副詞など)。 上記のスクリプトは、意味的な推測のきかない状態で統語構造だけを取り出すことになる。 「□の□を□の□として□っている」などのような文を読みあげてみて、構文が即座につかめるかどうかのテストをしてみるとよい。



Program released: ISA14 RC06 session "Family Studies based on Quantitative Analyses of Surveys" (2014-07-19 Yokohama)

International Sociological Association (ISA) RC06 (Committe of Family Research) paper session at 2014 XVIII ISA World Congress of Sociology organized by TABUCHI Rokuro (田渕 六郎) + TANAKA Sigeto (田中 重人) :


Session Title: Family Studies based on Quantitative Analyses of Surveys
Date: 2014-07-19 (Sat.) 08:30-10:20
Venue: Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan

Five Oral Presentations:
(1) The Effects of Sibling Structure on Fertility Decision in Taiwan
(2) Female Employment and the Socioeconomic and Family Factors in Japan
(3) Family Money Management Arrangements: Using the 2010 Statistics on Income and Living Conditions Survey to Study the Portuguese Case
(4) Work-Life Conflict in the Economic Recession [in Sweden] [Canceled]
(5) The “French Study of Individual and Conjugal Trajectories” Survey (2013)
(6) Gendered Life Courses and Personal Networks in Switzerland [Changed to oral presentation]

Two Three Distributed Papers:
(7) Re-Entering the Labor Market after Childbirth among Japanese Women
(8) A Current Picture and Overall Trends of Japanese Family Based on Japanese General Social Survey Cumulative Data 2000-2012

See http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/isa14/rc06-s6.html
and https://isaconf.confex.com/isaconf/wc2014/webprogram/Session3796.html


More »


「現役世代支援」は少子化を促進する

で書いた件。「高齢者に手厚い社会保障予算を減らして現役世代を支援すれば出生力が上がる」という、妙な説をあちこちで耳にするようになったのだが、根拠がわからん。ふつうに考えると、

  1. 高齢者福祉を削る → 老後が不安だから貯蓄しなきゃ → 子供なんぞ育てる余裕はない
  2. 現役世代の支援 → その子供に要求される生活水準の上昇 → 子育て費用増加

という回路があって、どちらも出生力を引き下げる効果があるはず。

日本型福祉社会の亡霊?

まず 1. のほうから説明。

子供を育てるというのは莫大な費用のかかる仕事である。たとえば年間の可処分所得500万円の人の場合を考えてみよう。自分ひとりで全所得を使うなら年間500万円使える。これに対し、子供2人を設けて配偶者に専任で世話してもらい、自分も含めて合計4人の生活を1世帯で支えるとすると、生活水準は大幅に低下する。こういうときの生活水準の目安として可処分所得を世帯人数の平方根で割った「等価所得」(equivalent income) を使うのがふつうなので、これにならうと、生活水準はひとり暮らしの場合の半分、つまり年収250万円相当まで落ちることになる。この差額250万円が、年間に必要な「子育て費用」である。子供が成人するまでの20年間にわたってこれがつづくとすると、250万円×20 = 5000万円 が合計の子育て費用となる。逆にいえば、子供を持たずに年間250万円で生活すれば、20年後には5000万円+利子分の貯蓄を手にできることになる。

高齢者福祉が充実した社会で、基本的な衣食住が保障されている状態であれば、5000万円なにがしかの貯蓄を老後にのこしたとしても、それはちょっとぜいたくな生活ができるかどうかという程度のちがいだ。なくてもそれほど困るわけではない。だから、巨費を投じて子供を育てるという選択にも、それほど悲壮な決心をする必要はない。

高齢者福祉の削減は、老後の生活に対するこのような安心を掘り崩す。老後の基本的な衣食住さえ保障されないような社会では、収入がある間にどれだけの貯蓄をのこしておけるかが、老後に生きていけるかどうかの鍵となる。よほど裕福な人でないかぎり、老後に数千万円の貯蓄をのこすには、支出をいろいろ切り詰めないといけない。「子供が欲しい」欲の極端に強い人でない限り、「子育て」という超高額の買い物は、真っ先に切り詰めるべき対象として検討されるだろう。

……というのが通常の思考回路だと思うのだが、どうも「高齢者向けの予算を削れ」と主張する人たちはそう考えていないようだ。その背景にあるのは、おそらく「日本型福祉社会」的な発想なんじゃないかと思う。3世代同居を福祉の「含み資産」(出典は『厚生白書』1978年 {NCID:BN0247018X} らしい) とするアレである。「日本型福祉社会」の発想においては、親の老後を扶養するのはまず子供。子供が親と同居し、生活費の面でも家事・介護の面でも親の面倒を見ることが前提となっていた。このような社会観の持ち主なら、そもそも高齢者に対する社会保障を充実させたのが少子化の原因だ、これを削れば、自分の将来をみてもらえる子供を持とうとする欲求がかえって高まる、くらいに考えてもおかしくない。

「日本型福祉社会」型の発想でうまくいくかどうかは、現在の若者がそのような発想をどれくらい現実味のあるものとして受け止めているかによる。「自分の子供はかならず自分の老後の面倒を見てくれる」「所得の半分を貯蓄しておくよりも、そのお金で子供を育てておくほうが老後の備えになる」と考えている若者が何割いるか。もしそうした考えを持つ若者が圧倒的多数であるなら、高齢者福祉を削っても出生力は落ちない (かえって上がる) という仮説にも説得力が出る。「少子化対策」として高齢者向け予算の削減を主張する人たちは、まずそうした実証的根拠をそろえることからはじめるべきである。

生活保持義務と再生産平等主義

次に、2. の、現役世代支援は出生力に結びつかない、という件。

これは、まずは純粋な事実問題である。現在の日本社会において、裕福な人ほど子供をたくさん持っているという事実があるかどうか。身の回りを見渡してみれば、答えははっきりしている。貧乏な人はほとんど子供がいないとか、裕福な人はほとんど例外なく子沢山だとかいうような現象はないからだ。むしろ現代日本は、経済的な生活水準の高低にかかわらずほとんどの人が2人程度の子供を持つ「再生産平等主義」 (落合恵美子 1994『21世紀家族へ』有斐閣 {ISBN:4641182051} pp. 73, 97) の社会であった。現在の少子化も、貧しい人が子供を持たなくなったことで起こっているのではない。経済的な豊かさと出生力は関係ないのである。

だから「不況のおかげで現役世代が貧しくなってきたのが少子化の原因だ」というのは事実に反する。反するのだけれど、そういった言説がリアリティをもったものとして受け入れられるのは、個人的な感覚としてはよくわかる気がする。かくいう私も、収納できないモノがあふれて散らかった自分の部屋を見るたびに、「もっと広い部屋に引っ越せばモノを片付けてすっきりした生活ができるのに」という感覚を、どうしても持ってしまう。広い部屋に引っ越した後に待っているのが「モノの量がそれだけ増えて結局散らかる」「部屋が広くなった分だけ片付ける労力が大変」という結末であることが、過去の経験から容易に推測できるにもかかわらず。「今のような生活の苦しさでは子供が育てられない」が「もっと所得が上がれば子供を持てる」につながってしまうのも、おそらくこれと同じ種類の現象である。私たちは、経済的な条件そのものの変化はある程度正確に想像できるのだけれども、その時には自分の要求水準や行動様式そのものが変わってしまうだろうというところについては想像力がうまくはたらかない、ということなんだと思う。

現代日本の家族法では、親は未成熟の子に対して「生活保持義務」 (中川善之助 1928「親族的扶養義務の本質」{NAID:40003474515}) を持つことになっている。これは、親と同じ生活水準を子供に与える義務、とふつう解釈されているし、それは私たちが日常的に「親」に対して期待する感覚とも一致していよう。子育て費用が所得に比例するのは、この義務があるためである。年収500万円の人が子供2人 (+家事専従者1人) を持つための費用は5000万円、と先に書いた。年収1000万円の人についておなじ計算をすると、1億円になる。所得の低いときには「もし経済的な余裕ができたら与えてあげられれば幸せ」という程度の憧れであった財やサービスが、実際に所得が増えたときには「当然与えなければならない義務」になってしまう。子供にかけるお金は2倍になっているけれども、それは子供の人数の増加ではなく、子供ひとりあたり費用の増加としてあらわれる。この費用が負担できないと思う人は子供を持とうとしないだろうが、そういう人は低所得者にも高所得者にも同じ程度の比率で存在する。再生産平等主義が成立しているというのは、つまりそういうことなのだ。

今後の課題

以上の考察を発展させると、つぎのようなことがいえそうである。

第1に、出生力をあげるには、子育て以外に資源を使わないように人々を誘導する必要がある。人生の楽しみは子育て以外に何もないというディストピアをつくるのが最強の策である。そこまでいかなくても、個人がいざという時の備えのための貯蓄をしなくていいように各種社会保障を充実させておくことが、出生力を引き上げる効果を持つ。

第2に、生活保持義務は廃止すべきである。 90年ほど前に「生活保持義務」なる概念が考案された当時は、出生力は今よりずっと高く、福祉国家的な思想もなく、平等の思想も貧弱だったから、親に自身の経済力に応じた負担を強制してもそれほど不合理はなかったかもしれない。しかし現在では、このような負担が出生力を引き下げ、人口再生産を困難にしている。そもそも 日本国憲法生存権 を保障する義務を政府に課している (25条) し、 出自による差別も禁止 している (14条) のだから、親の経済力に頼らずに、一定の生活水準をすべての子供に保障する仕組みに切り替えていくべきであろう。とりあえずは、子供が生まれたときに1000万円程度を支給するようにしてはどうか。上で計算したように、これで子育て費用の全額を賄える人はあまりいないのだが、それでもいまよりはずっと楽になるはずである。そのようにして、親が子供を扶養しなければならないとか、親の経済力によって子供の生活水準を決めるべきという固定観念を取り除いていき、最終的には生活保持義務の全廃を目指す。

第3に、再生産平等主義は、おそらく捨てなければならない。生活保持義務を廃止するのは、簡単なプロセスではない。特に、子供の生活水準を親の生活水準にあわせるべきだという規範は、長い間残り続けるだろう。この規範の下では、たとえば子供2人に対して2000万円を支給したとすると、年収1000万円の人にとっては子育て費用1億円の2割程度しか補えない。親とおなじ水準の生活を子供にあたえなければならないと親が考えるなら、残りの8000万円は親の持ち出しで実現される。これに対して、年収200万円の人にとっては、2000万円の支給があれば子育て費用が全額賄えるから、生活水準の低下は全然ないことになる。子供に支払う金額は一定であっても、親に義務として課せられている費用負担の格差を考えれば、低所得層に手厚く支援をおこなうのとおなじことになってしまうのだ。もし子供への給付に出生力を引き上げる効果があるとすれば、それは低所得層に集中してあらわれるはずであり、結果として、低所得層の出生力が高く、高所得層の出生力が低い状態がもたらされることになる。それはダメだといっていると、出生力はいつまでたっても上げられない。

第4に、少子化対策とは、結局のところイデオロギー問題である。「日本型福祉社会」的な発想をとるかとらないかで、高齢者福祉削減の影響の予測が正反対になることはすでにみた。出生力をあげたいなら「生活保持義務」を廃止すべき、ということに異論のある人はあまりいないだろうが、生活保持義務はそれ自体が親子関係の「本質」(中川善之助) だという声も強く、廃止に対しては相当の抵抗が予想される。「再生産平等主義」も同様であって、これが存在する限りは、特定の層に集中して出生を促進する政策をとることが決して許されず、社会のすべての層に均等に効果を発揮する政策をとらなければならないという難度の極めて高い条件が課されることになる。私たちの社会はどのような社会であるか、どのような社会であるべきか、というイデオロギーが政策的な判断を大きく制約するのだ。そこらへんをみないで政策技術を論じても、出てくるのは、一貫性のない、役に立たない「政策提言」だけである。



投稿せず、引用せず、査読せず:高額雑誌への抵抗

電子ジャーナル購入数削減 (パッケージ契約の解除など) に関する委員会の資料を読む。

当面の予算が少なくて買えないなら、減らすのはそれ自体は仕方ないと思う。
よくわからんのは、みんな「雑誌が高い」と文句つけながら、依然としてそれらの雑誌に投稿し、引用し、あまつさえ無償で論文査読まで引き受けて、出版社の市場独占に協力しつづけていることだ。
出版社名は明らかになっているのだから、大学全体で (あるいは学界全体で)

(1) 投稿しない
(2) 引用しない
(3) 査読しない

の3ない運動を展開すべき。

Only 3? ISA14 papers using NFRJ

Do we have only three papers using {NFRJ} datasets in the 18th World Congress of Sociology {ISA14} in Yokohama 2014-07?

7/16(Wed) 16:45 The Study of Changes in Filial Norms Concerning Parent Support in Japan: Using NFRJ08 Panel Survey Data, by KIM Jung-Nim. Data: {NFRJ-08Panel}
7/17(Thu) 17:30 The Effects of Child Birth on Marital Satisfaction in Contemporary Japan: Childbirth and Marital Satisfaction in Japan, by MIWA Satoshi + TOMABECHI Natsuho. Data: {NFRJ-08Panel}
7/19(Sat) 08:49 Female Employment and the Socioeconomic and Family Factors in Japan, by INUI Junko. Data: {NFRJ-08Panel}

Though the following paper by KATO Akihiko may use NFRJ (S01?) data, it has no data description in the title and the abstract:

7/14(Mon) 18:10 Strong Family Ties and Demographic Behavior in Japan, by KATO Akihiko. Data: Unspecified

For other large-scale repeated surveys in Japan, three papers use {SSM} surveys and seven papers use {JGSS}.

2014年7月に横浜で開催の世界社会学会議 {ISA14}、「全国家族調査」{NFRJ} データを使った論文は上記3本 (+1本) 以外になさそう。
ちなみに、{SSM} 調査は 3つの論文 で、{JGSS} は 7つの論文 で使われている模様。

ReMCat new search interface: remcat.tsigeto.info

Research Material Catalogue (ReMCat) now offers an original search function at http://remcat.tsigeto.info. Besides ReMCat all records, the search target includes old data collected before 1999 and daily updates on Hatena Bookmark and Hatena Diary. See http://tsigeto.info/remcat/search.html.

On the other hand, the search function of the Researchmap Multidatabase stopped updating. Data on Researchmap is no longer renewed.

Search function via Google is still available, though it does not cover all of the records in the ReMCat database.



田中の研究資料集 (ReMCat) の新検索システム http://remcat.tsigeto.info を公開した。ReMCat 全データ のほか、1999年までに収集した性別分業研究関連文献 および はてなブックマークはてなダイアリー に日常的に記録している文献情報が検索対象である。http://tsigeto.info/remcat/searchj.html を参照。

一方、 Researchmap を利用した検索システム は2014年4月をもって更新停止。今後は Researchmap のデータベース は更新しない。

Google 利用検索 は使えるが、一部のレコードしかGoogleが収集してくれていないので、大部分が対象外である。

ISA14 papers I am interested

World Congress of Sociology {ISA14} papers (and sessions) in which I am interested:
http://b.hatena.ne.jp/remcat/ISA14/reminder/ (in progress)
http://remcat.tsigeto.info/search/?q=ISA14+reminder (updated with a delay)
The list is easily maintained using the user-tag function of Hatena Bookmark. It is thus useful to give a unique URI for each paper/session. I recommend all organizers of conferences to publish a permanent webpage (with metadata) for each paper.


世界社会学会議 {ISA14} のおもしろそうな報告 (とセッション) 一覧を簡単につくるのにどうしようか迷ったあげく、はてなブックマークで適当にタグ付けしてしぼりこむことにした:
http://b.hatena.ne.jp/remcat/ISA14/reminder/ (増加中)
http://remcat.tsigeto.info/search/?q=ISA14+reminder (遅れて更新されます)
やっぱり、各報告/セッションに URI が割り当てられていると、便利である。ほかの学会等でも、報告ごとの HTML ファイル (メタデータを入れて恒久的URIを持たせたもの) をつくることを考えてほしいところ。

ISA14 RC06 session "Family Studies based on Quantitative Analyses of Surveys" (2014-07-19 Yokohama) tentative program

International Sociological Association (ISA) RC06 (Committe of Family Research) paper session at 2014 XVIII ISA World Congress of Sociology organized by TABUCHI Rokuro (田渕 六郎) + TANAKA Sigeto (田中 重人) :

“Family Studies based on Quantitative Analyses of Surveys” (2014-07-19 08:30)

Tentative program (based on 2014-04-01 information) is on http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/isa14/rc06-s6.html

There will be some modifications. All ISA14 program will be fixed in May.

暫定プログラム (2014-04-01 現在の情報による) を掲載しました。上記URLをたどってください。
最終的なプログラムが確定するのは5月に入ってからになります。

なぜ子ども手当を復活させるべきなのかについてのイデオロギー分析

このあいだの記事で書いたことについて解説(というか、こっちが本題)。

>>>>
子供2人に専従の養育係を1人つけて、他の収入源なしで標準的な生活をさせようと思ったら、子供ひとりあたり月20万円くらいの給付が必要。つまりこの意見から導出される具体的な政策は、子ども手当を復活させて金額を1桁あげろ、ということになる。
>>>> 「保守政権が導入すべき少子化対策」 (2014-02-01)

なぜこういう結論になるかというと、もともとの長谷川三千子さんの話 「年頭にあたり 「あたり前」を以て人口減を制す」 (2014-01-06 産経新聞) が、次の3点の特徴を持っているからである。

  1. 人口を維持したいのは「日本」を存続させるため。

    これは、個人の利害を実現することなど考えないという宣言である。現在の日本政府の政策では、いちおう、「人々は自分の子供を持ちたがっている」「しかし社会制度上いろいろと障害があるので、子供を持ちたいという希望を実現できていない」「障害を除くことは政府でやってあげてもいいけど、子供を育てる費用は自腹でね」「子供を持ちたい人が全員自分の子供を持ったとして、それでも出生力がじゅうぶん上がらなければ、それはそれで仕方ない」ということになっている。この点では谷川さんは反政府勢力なのであって、個々人にとってなんの利益にならないことであっても、人々を動員して子供を作らせたいのである。

  2. 動員をかける相手が、「若い男女の大多数」になっていて、人数が多い。

    少数の人々(たとえば保育士などの専門職)を次世代再生産のために訓練して効率よく使うという話ではないので、これら多数の再生産担当者についての費用が莫大なものになる。

  3. 女性を家庭外の仕事にかり出してはならないという。

    2--3人の子供に対して、収入源のない母親が専任でつくという贅沢な体制が想定されている。


More »


保守政権が導入すべき少子化対策

長谷川三千子さんが年頭にあたり妙なことを産経に書いていた模様。

〔……〕百年後の日本の人口は現在の3分の1の4000万人になるといいます。そして西暦2900年には千人となり、3000年にはゼロになるというのです

千年後というと遠い話のようですが、もし現在の日本の1・41という出生率がこのまま続いてゆくならば、これは確実に到来する未来なのです。しかも、それを食い止められるチャンスは、年が経(た)つほど減ってゆく。半世紀後には、出産を担う年齢層(25歳から39歳)の女性の数が現在の半分以下になります。そうなると、出生率が倍になっても、生まれてくる子供の数はようやく今と同じ、ということになる。そうなってからでは遅いのです。

〔……〕

ではいったい、この問題をどう解決したらよいのか? 実は、解決法そのものはいたって単純、簡単です。日本の若い男女の大多数がしかるべき年齢のうちに結婚し、2、3人の子供を生み育てるようになれば、それで解決です

〔……〕

〔……〕ところが、政府も行政もそれを大々的に国民に呼びかけようとは少しもしていない。〔……〕

〔……〕

〔……〕「性別役割分担」は、哺乳動物の一員である人間にとって、きわめて自然なものなのです。妊娠、出産、育児は圧倒的に女性の方に負担がかかりますから、生活の糧をかせぐ仕事は男性が主役となるのが合理的です。ことに人間の女性は出産可能期間が限られていますから、その時期の女性を家庭外の仕事にかり出してしまうと、出生率は激減するのが当然です。そして、昭和47年のいわゆる「男女雇用機会均等法」以来、政府、行政は一貫してその方向へと「個人の生き方」に干渉してきたのです。政府も行政も今こそ、その誤りを反省して方向を転ずべきでしょう。それなしには日本は確実にほろぶのです。

長谷川三千子「年頭にあたり 「あたり前」を以て人口減を制す」 (2014-01-06) {http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140106/fnc14010603200000-n1.htm}

TFRを「出生率」と呼ぶのはやめてほしいような気がする。せめて「出生力」と呼んだほうが混乱が少ないだろう。「政府」と「行政」は別物というスタンスのようだし、「出産を担う年齢層(25歳から39歳)」とか「昭和47年のいわゆる「男女雇用機会均等法」」とか、どういう政治学的・人口学的・法学的・歴史学的認識にもとづいて物を考えてるのかちょっとわからんのだが、それはともかく。

子供2人に専従の養育係を1人つけて、他の収入源なしで標準的な生活をさせようと思ったら、子供ひとりあたり月20万円くらいの給付が必要。つまりこの意見から導出される具体的な政策は、子ども手当を復活させて金額を1桁あげろ、ということになる。「それなしには日本は確実にほろぶ」らしいので、ぜひ自らの信念にしたがって政府と行政を動かすべく努力していただきたいところである。


More »


Art of proofreading

文章の校正 (proofreading) における急所は、人間の脳が持つ自動訂正機能を停止させておくことである。特に自分が書いた文章を自分で校正する場合、何が書いてあるかがわかっているせいで、ふつうに読んでるだけだと、多少の誤字などは誤字として認識されない。まちがいを確実にみつけるには、意識的に「ふつうでない」よみかたをする必要がある。

・ざっとながめる、版面の配置や印刷の美しさを確認する、ページをぱらぱらめくって見る
要するに、意味をもった文のならびではなく、図形とか景色みたいなものとして見る。そうすると、「あれ、なんでここにこんなこと書いてんの?」みたいなのがみつかったりする。もちろん、行端がそろってないとか、変なスペースがはいってるとかの摘発にも有効。

・文節ごとに区切って、文字を確認する
いちばん労力がかかるのがこれ。小さい部分に切り分けるのが肝要なので、厳密に文節分けでなくてもよいし、「7文字ごとに区切る」とかでもいいと思う。とにかく、切り分けた部分ごとに、文字のまちがいをさがす。印刷したものに、鉛筆で文節区切りを書き込みながら、全部の文をチェックする。

・数字、記号、固有名詞などのチェック
たとえば連番のはずの番号が連番になっていないとか、人名の微妙なまちがいとか、1986年のつもりで「1886年」とかいてるとか。順番に見ていって、こうしたものが出てくるたびに、「これでまちがいないか」を確認して、印(蛍光ペンで塗るとか)をつける。判断の根拠となる資料(目次、図表や参考文献の一覧など)を用意しておいて、参照しながらすすめるとよい。

校正作業に入る前に、何週間か原稿をほったらかしにして、内容についての記憶をできるだけうすれさせておくことがのぞましい。もちろん、他人に読んでもらうのも有効。

電子ファイルになってる原稿であれば、他言語に翻訳するとか、音声に変換して読み上げさせるとかの手が使える。まちがいの可能性のある文字列を摘発するソフトウェア的なしかけもいろいろありうるが、そういった話題はまたあらためて。

There's more than one way to do it (for policy science)

{TMTOWTDI} にあたる概念は政策科学の領域にはないのかな。社会学の「機能的等価」概念 {functional equivalent} を引いて論じている文献はありそうなのだけれど、それ以外になにか独自の概念体系がつくられているのかどうか。

ISA14 call for papers: Family Studies based on Quantitative Analyses of Surveys (deadline: 2013-10-01)

International Sociological Association (ISA) RC06 (Committe of Family Research) paper session at 2014 XVIII ISA World Congress of Sociology organized by
TABUCHI Rokuro (田渕 六郎) + TANAKA Sigeto (田中 重人)

The organizers call papers that facilitate international sharing of quantitative survey data and findings.
Abstract submission will close at 2013-10-01 09:00 (JST).
Details are on

http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/isa14/rc06-s6.html


計量的な調査データと分析結果の国際的な共有に資する報告を募集しています。〆切は 2013-10-01 09:00 (日本時間) です。詳細は上記URLをたどってください。



Recent

Articles

Comments

Trackbacks


Archive

Monthly

Categories [Explanation]

| News:0 || Research:53 || Education:3 || School:243 || School/readu:3 || School/writing:16 || School/family:17 || School/occ:14 || School/quesu:3 || School/statu:3 || School/readg:17 || School/quesg:12 || School/statg:22 || School/kiso:5 || School/study:20 || School/intv:11 || Profile:2 || WWW:7 || WWW/this:4 |